中型バスについて

貸切バスの種類

中型バスについて

中型バス

27名or28名まで
L9,W2.5,H3.5m
有料道路:大型車

大型バスを少しだけ小さくした車両が中型バスです。そのため車両の設備はほとんど大型バスと同じです。広い座席とトランクスペースがありますので、大型バスと変わらず快適な乗り心地です。

<こんな人におすすめです>
  • ゆったりしたシートや乗り心地を重視したい
  • 車内の観光設備を利用したい
  • 大きな荷物を積み込みたい

標準装備 テレビ / DVD・ビデオ / サロンシート / 冷蔵庫 / 電気ポット / カラオケ / リクライニングシート / トランクルーム
※車両により異なります。リフト付車両、トイレ付車両は数に限りがございます。
車両サイズ 全長約9m、全幅約2.5m、全高約3.5m
有料道路区分 大型車
※一部特大車あり
乗車人数 27名または28名まで
※最大39名まで乗車可能なタイプもあります
イメージギャラリー
バス座席表
中型バス:28名
正座席 補助席 総座席数
 28席  0席  28席
中型バス:27名
正座席 補助席 総座席数
 27席  0席  27席
中型バス / サロンシート
正座席 補助席 総座席数
 27席  0席  27席
中型バス:最大39名
正座席 補助席 総座席数
 33席  ~6席  ~39席

特大車両扱いの中型バス

中型バスには少し変わった車両も存在します。これは車両のサイズはそのままに座席数を増やしたタイプで正座席33席+補助席6席の39名まで乗れるタイプです。

本来は7列タイプのものを8列にしているため、前後の座席が詰まっている分足元は少し狭めです。観光設備を備えた車両もありますが、大半は近距離の送迎を中心に使用されることが多く、荷物を収納するトランクルームがないことも多いので注意が必要です。

上記のタイプの中型バスの高速道路料金に関しては、座席数を増やしたことによって大型区分の上限重量を超えるため「特大車」扱いになります。

貸切バスの料金制度上は中型バスということもあり、大型バスに比べるとバス代を抑えることができます。利用用途や荷物の量によってはお得に利用できるので利用をお考えの際はご相談ください。

関連ページ:中型バスの座席数について

あなたの用途に合わせて最適な料金・内容で手配します

※一部のエリアや時期によっては、ご案内できない内容やプランもございます