兵庫県

兵庫県

貸切バスで行く兵庫県の人気観光スポット

兵庫県での移動には貸切バスがオススメです。
ご人数、ご利用用途、ご行程内容にあわせた様々な使い方が可能です!

有馬温泉

有馬温泉(神戸市)

「日本書紀」にも登場する有馬の湯は日本三古湯のひとつ。太閤秀吉にも深く愛され、現在も「関西の奥座敷」と呼ばれ親しまれている。周辺には温泉街一古い建物といわれる念仏寺、四季折々の景色が美しい鼓ヶ滝公園などがある。

北野異人館街

北野異人館街(神戸市)

1868年に神戸港が開港し、貿易の隆盛とともに形成された北野異人館街は高台にありトンガリ屋根に風見鶏が乗った風見鶏の館、ラインの館、うろこの家など異国情緒漂う建築物が立ち並ぶ。

六甲山

六甲山(神戸市)

神戸市街の背後に連なる山地で最高峰は931m。1901年に作られた日本最古のゴルフ場をはじめ、人工スキー場、高山植物園、観光牧場、森林公園など関西有数のレジャー施設があり、山頂からの市街の夜景は絶景として知られる。

にしわき経緯度地球科学館テラ・ドーム

にしわき経緯度地球科学館テラ・ドーム(西脇市)

東経135度と北緯35度の交差する「日本へそ公園」内にあり、国内最大級の反射望遠鏡や、地球に関する展示が豊富にある。

姫路城

姫路城(姫路市)

シラサギが羽を広げたようなゆうびな姿から白鷺城の愛称で親しまれる。白漆喰装塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の天守閣と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴で、この大天守は1609年に建築されたもので2015年に保存修理工場が完了した。現存する木造の12天守のひとつである。

竹田城跡

竹田城跡(朝来市)

朝霧の発生によって雲海に包まれる幻想的な光景は天空の城として知られ、虎が臥せているように見えることから虎臥城とも呼ばれている。山城遺跡として遺構がほぼ完全な状態を保って遺されている。

出石城

辰鼓櫓・出石城(豊岡市)

辰鼓櫓は出石城の追手門跡地に立つ町のシンボル。元々は見張り櫓として作られたものだが、明治以降は大時計が埋め込まれ和風の時計台として親しまれている。出石城は1604年に小出吉英が築いた近代的な構えの平山城。

篠山城跡

篠山城跡(篠山市)

1609年徳川家康の命により、西国諸大名が動員されて築かれた城である。この城には天守閣がなく大書院が城の中核をなす建物であったが、火災により焼失、2000年に再建されかつての姿が公開されている。大書院は木造建築物としては規模壮大な建物で、現存する同様の建物としては京都に上場の二の丸御殿にある遠侍と呼ばれる建物に類似している。

明石海峡大橋

明石海峡大橋(神戸市、淡路市)

歴史の舞台にも風光明媚な景勝地として登場する神戸の舞子と、対岸淡路島の松帆を結ぶ明石海峡大橋は美しい瀬戸の海とともに、新たな景勝美を生み出した。空に突き出た2つの主塔の高さは約300m。また2つの主塔の間を示す支間長は1991mと世界一の長さを誇っている。

北淡震災記念公園

北淡震災記念公園(淡路市)

阪神・淡路大震災の震源地となった旧北淡町にある。園内には大震災で地表に現れた野島断層を140mにわたって保存し観察できるようにした「野島断層保存館」がある。

兵庫県情報

南北に長い県域を持ち、近畿地方の府県で最大の面積を持つ。
北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に接している県である。

本州で2つの海に接している県は、両端である青森県と山口県を除けば兵庫県のみである。

ほぼ中央を日本標準時子午線(東経135度)が南北に通過し、明石市にはこれに因む明石市立天文科学館がある。

県中央部には中国山地が東西に横たわり、交通の難所ともなっている。

南部の瀬戸内海沿岸は阪神工業地帯や播磨臨海工業地帯といった日本有数の重化学工業の集積地となっており、近畿圏最多の工場立地数となっている。

一方で、中部から北部にかけては農林水産業が主な産業であり、過疎地や豪雪地帯も抱える。

これら過密と過疎を平均した県単位の産業活動指数は全国平均であることから、日本の縮図といわれることがある。

兵庫県のバス会社(順不同)
神戸フェリーバス(株) (株)ミツワサービス 西脇タクシー(株)
(株)プロクシー 全但バス(株) あいおい観光バス(有)
神鉄バス(株) 日本交通(株) はりま観光バス(同)
帝産観光バス(株)神戸支店 三田観光バス(株) 磨乃国観光バス(株)
山陽バス(株) (株)リバティ 姫路観光バス(株)
淡路タクシー(株) (有)山南観光 (有)湊交通
洲本観光バス(株) 氷上観光(有) 播州交通(株)
(株)三共運輸 神姫バス(株) (株)小野観光
みなと観光バス(株) (株)吉川交通 兵庫中央バス(株)
阪神バス(株) 加古川バス(株) 神崎交通(株)

ご利用の流れ

まずはお見積りをご依頼ください。お問い合わせからご出発まで担当者がお手伝いいたします。貸切バスのことだけではなく、ご宿泊場所やお食事、観光場所などのご相談にも対応いたします。